カブトムシがオスで、クワガタムシがメス!?これだけは知ってて欲しい昆虫の事!#七ブ侍 #金曜日

DSC 0112

『七人のブログ侍』金曜日担当であり、昆虫担当のぱすも(@jpasmo)です(`・ω・´)ゞ

7blog samurai

先日とある女性と会話をしていた時に、昆虫についてどのくらい知っているのか聞いてみたんです。

すると何てことでしょう。カブトムシとクワガタムシを同じ種類の昆虫と考え、カブトムシがオスでクワガタムシがメスなの?って聞かれたんです…

目から鱗が落ちるとはこの事を言うのでしょう。言葉を失ってしまいました。

改めて言う必要があるのかわかりませんが、カブトムシとクワガタムシは同じ昆虫網甲虫目で同じ仲間ではありますが、明らかに違う種類であり、カブトムシにもクワガタムシにもオス、メスとそれぞれ存在しています。

さすがに昆虫の学名や細かい分類みたいなところまでは知らなくとも、『七人のブログ侍』昆虫担当を勝手に名乗ってる者としましては、もう少し昆虫について知っておいて欲しいな〜と思う次第であります。

と言う事で、自分が思いついたこれだけは知ってて欲しい昆虫の事をクイズ形式でお伝えしたいと思います!

レッツシンキング!

   ー SPONSORED LINK ー

これだけは知ってて欲しい昆虫の事!

1.脚の数は何本?

まず昆虫の脚の数は決まっています。人間は手と脚で4本ですよね。昆虫は前足が鎌やハサミになっていたり、後ろ足が跳躍の為に大きく発達しているものもいますが、脚の数というのは三対の6本と決まっています。

ここで簡単に見分けが付けられるのが、蜘蛛ですね。蜘蛛は昆虫と同じ節足動物(脚に節がある動物)ですが、脚の数は8本なので昆虫ではありません。

答え.6本

2.体が3つに分かれていますが、頭部、胸部、もう一つは?

昆虫は三構造に分かれています。

一つめは目や口がある頭部。二つめは脚が生えている胸部。そして最後三つめは呼吸器官の気門や生殖器官がある腹部です。

カブトムシやクワガタムシなどの甲虫と呼ばれる昆虫は比較的わかりやすく三構造となっていますが、蝶やトンボなどは少しわかりづらいかもしれませんね。しかし、昆虫は必ずこの三構造の作りとなっています。

答え.腹部

他にもたくさんあるけれど

昆虫に関して、人間とどういう関わりを持っているか?どういった種類がどのくらいいるのか?まだまだたくさん昆虫について知ってもらいたい事がたくさんありますが、今回は最低限知っておいてもらいたい昆虫について2つの事をお伝えしました。

【おまけクイズ】この昆虫の名前はなんでしょう?

2014 08 19 15 29 21

△この昆虫は先日埼玉県大宮市で仕事をしてる時に飛んできました。何ていう名前の昆虫かわかりますか?背中の模様が何と無く人の顔に見えますよね。

ヒントは、臭い匂いを出す事で有名な昆虫の仲間です!

答えのわかった方は、是非FacebookやTwitter、LINEでも良いので連絡下さいm(._.)m

ちなみにトップの綺麗な羽をした蝶は『ミヤマカラスアゲハ』です。

まとめ

今回は自分が大好きな昆虫についてご紹介させていただきました。

自分の中で当たり前のように知っていた事が、興味のない人は全然知らないって事に驚きました。まぁ自分も興味のない事は全然覚えようともしませんもんね。

それでも、今回紹介した昆虫についての2つの事だけは、同じ地球上の生物として是非とも知っておいてもらいたいと思いました。

他にも昆虫の魅力はたくさんたくさんありますので、これからちょっとずつでもご紹介させていただきます!

7blog samurai

明日土曜日担当は、《まり日記》のまり(@encop)さんです!お楽しみに〜♪

▽オススメ昆虫図鑑

小学生の時のように、昆虫図鑑ばかり見ているぱすも(@jpasmo)でした(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK