3回も紹介しているラーメン屋『いちばんや』がなぜオススメか?ぼくが大好きな2つの理由は飲食店の基本です!

いちばんやを好きな理由3

ぼくには本当に大好きなラーメン屋さんがあります。それが『いちばんや』です。

今年に入って、3回ブログでも紹介させていただいております。

今回はなぜぼくが同じラーメン屋さんを3回も紹介したのか?それを説明したいと思います。

大好きな理由はラーメンの味だけじゃないんです!!

   ー SPONSORED LINK ー

ぼくが『いちばんや』を好きな2つの理由

いちばんや つけ麺7

1.接客が丁度良い

心地良く感じる接客というのは、人それぞれ、さらにその時の状況によって変わります。

笑顔での対応、真剣な対応、元気の良い対応、静かな対応。何が1番良い対応で、どうすれば1番良い接客なのかは、その時々で違うために正解は出ません。

ぼくが昔1人で行ったBarでは、バーテンダーがしきりに話しかけてきました。会話を楽しみに来たお客だと思われたのかもしれません。

でもその時のぼくは1人でゆっくり考え事をしたかったので、バーテンダーの接客には居心地が悪く、すぐに店を出てしまいました。

良かれと思ってやった接客も、時として逆効果となるのです。

では『いちばんや』スタッフの接客はどうなのか?

それは凄く丁度良い接客なのです。過剰に話しかけてくることはありませんし、ラーメン屋によくある元気の良さをアピールするような声を張り上げた挨拶もありません。

あなたは良いと感じないかもしれませんが、ぼくにはこの接客がとても心地よいのです。

程良いトーンの挨拶。お客さんが何かを探していればすぐに気づく気遣い。従業員同士の会話は必要最小限で、ラーメン屋さんなのに、とても居心地が良いのです。

もちろん居心地が良いと行ってもゆっくり過ごすお店ではありませんので、食事を済ませたらすぐに出るようにしてますよ。でもラーメン屋さんでここまで居心地が良いというお店は、他ではあまり出会ったことがありません。

2.店内の清潔感

特殊なケースを除いて、ほとんどの飲食店では清潔感が必要になります。

店内の清掃、トイレの清掃、調理器具はもちろんのこと、お客さんから見える全ての部分を清潔に保っていることが絶対に必要です。

老舗感を出す為にわざと古びたように見せるお店はありますが、だからといって不潔にしておいて良いわけではありません。古びた感じを出しつつも、衛生面では清潔にしておくことが絶対条件です。

『いちばんや』はオープンしてから10年以上が経っていますので、カウンターなどはそれなりに使用感は出ています。当たり前のことですが。

しかし清掃をしっかりやっているからだと思いますが、カウンターはとても綺麗です。

カウンター席の前がオープンキッチンとなっているので、調理器具、また調理をしているところはほとんどお客さんから見えるようになっています。

そこも見える部分が全て綺麗に清掃してあるため、食事も安心してとることが出来ます。

オープンキッチンなどはどうしても油で汚れが目立ってしまいがちですが、飲食店では常に綺麗にしておくことが大切ですね。

まとめ

いちばんやを好きな理由4

以上の2つが『いちばんや』の大好きなところです。

飲食店としては当たり前のことなんですが、なかなかしっかり出来ているお店は少ないですね。

特に接客の点では正社員とアルバイトで差があったり、お店全体で心地よい接客をするというのは難しいことだとは思いますけどね。

お店全体でお客さんをお迎えする接客をしていたお店が自由が丘にありましたが、今だに昔のようにやっているのでしょうか?『てっぺん』という名前の居酒屋で、朝礼が有名でテレビでも取り上げられていました。割りと過剰な接客でしたけどねw

最後にこれだけはお伝えしておきたいのですが、『いちばんや』は接客と清潔感がとても良いですが、それだけでなくラーメンの味は間違いなく美味しいですよ!!

これからも長く営業してくれる事を祈っております☆彡

『いちばんや』を紹介した3回の記事はこちら

自由が丘『いちばんや』ぼくが知るラーメン屋で1番美味しい醤油ラーメンが食べれるお店です!

醤油ラーメンでオススメの『いちばんや』はごまコクラーメンも絶品でした!身体に優しい味なんですよね〜♪

【レビュー3回目】また行ってきました!『いちばんや』自由が丘 つけ麺も美味しいんだな〜♪

ここまで大好きと言えるラーメン屋さんに出会えて幸せなぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :