『あした死ぬかもよ?』明日死ぬことを考えるのは悲観的なことではない!むしろ今を最大限に生きるために必要なことなんだ!

あした死ぬかもよ

あなたは明日死ぬかもしれない!って考えたことはありますか?ぼくはこの本を読むまでは、そんなことは考えもしませんでした。

明日死ぬことを考えるというのは、一見して悲観的なことで投げやりになっていると思われがちです。

しかしこの本を読むことで、“明日死ぬことを考える”のは悲観的でも投げやりになってるわけでもないことがわかります。

むしろ今現在、またはこれから起きる未来の為に考えるべきことだったのです。

   ー SPONSORED LINK ー

『あした死ぬかもよ?』

あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人たちは笑っていたでしょう。
だから、いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。
そんな人生を送りなさい。
—–ネイティブアメリカンの言葉

「90年の人生を振り返って唯一後悔していることはなんですか?」

アメリカで90歳以上のご老人に聞いたアンケートで、90%の人が同じ答えで「もっと冒険しておけばよかった」と答えたそうです。

あなたは人生を終える日、どんな気持ちになっていたら最高ですか?

この本を読むまでのぼくは、人生を終える日のことを考えるなんて怖いし、寂しくなるし、考えたくもない!って思ってました。

しかし、人生を終える日にどんな気持ちになっていたいだろう?って少し考えたら「あ、このままじゃ絶対ダメだ!」って思ったんです。

この本では27の質問を投げかけてくれて、それに対して答えるというワークをやりながら読み進めます。

27の質問に答えるうちに、本当に自分がやりたい事、やるまでは絶対に死ねないってことがわかってくるのです。

しつもん0 人生最後の日、なにに泣きたいほど後悔するだろう?

質問は0から始まります。あなたも今ちょっとだけ考えてみて下さい。

人生最後の日、なにに泣きたいほど後悔するだろう?

ぼくは今の状態で明日死ぬと考えたら、1番後悔するのは仕事です。やりたいと思っていた仕事をぼくはやっていません。

それは先日この本のワークの一つ、『自分の死亡記事』を書くというのをやって記事《自分の死亡記事》これで本当にやりたい事を見つける!にしましたが、この記事に書いた“自分が経営する飲食店を持つ”ということです。

今のぼくは間もなく生まれる息子の事を考えると、今の仕事を続けることが最善だと思っていました。

しかし、このままではぼく自身が死ぬ時に絶対に後悔するとわかったのです。この気持ちのままでは本当に息子を幸せには出来ないと思いました。

やりたい事をやるためにはいろんな努力も必要で、周りの協力も必要になります。でもそれをやる事さえも、死ぬ時に後悔することを考えたら苦でも何でもないのです。

あなたがホッとするときはどんなとき?

こんなワークもありました。

『一生を変えるほんの小さなコツ』の著者、野澤卓央さんのお話しをもとに質問を投げかけてくれます。

あなたがホッとするひとときって、どんなときですか?
ほっとしているときは、ハートとともにいるときです。
その時間をもっと増やすために、今日からできることはなんだろう?

あなたがホッとする時ってどんな時ですか?ぼくは家族と食事をしている時です。

そんな当たり前のことさえも、今まではしっかり考えたことがなかったんですよね。

まとめ

明日死ぬことを考えると、正直辛くなります。寂しくなります。泣きたくなります。

でもそれはまだやりたい事をやっていない、つまり100%生きていないからだってわかりました。

この本を読んでからというもの、何事に対しても明日死ぬかもしれない!だから今の内にやっておこう!とか、明日死ぬかもしれないからこのことは気にしないようにしよう!とかって考えられるようになりました。

不幸になってから読むのも良いかと思いますが、別に不満もないし今も十分幸せだよ!って人にこそ、今のうちに読んで欲しい本だと思いました。

明日死ぬかもしれないから100%で生きるぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookにてコメント