ブログ初心者に伝えたい事!ブログ運営はランニングに通じるものがある!まずは“記事として読める”を目指す

ブログ運営とランニング

3月末から先日まで、ほぼ毎日ブログを更新してきました。

ちょっとした出来事で更新が途絶えてしまったのですが、ここからまた更新を続けようとしてもこれがなかなか難しいんですよ。

3月末から始めた毎日更新は5月末に1日途絶えたんですが、この時は記事を書いてる途中で寝落ちしたって理由だったので、また次の日から更新を続けることが出来たんです。

しかし今回は珍しく精神的に疲れて更新出来なかったので、3日、4日と更新出来ない日が続いてしまいました。

これってランニングと凄く似てるな〜って思ったので、今回はそれについての話です。

ブログを始めたばかりの人や、これから始めようとしてる人の参考になれば幸いです。

   ー SPONSORED LINK ー

ブログ運営がランニングに通じる事!

走り始めが何より大変!?

ぼくは4年前からマラソン大会に出るようになりまして、今から3年前ぐらいには毎日ランニングをしておりました。

朝5時には起きて5kmほどのランニングをし、週末には10km以上のランニングをしていたのです。

雨が降った時には休んでいましたが、そうでなければほぼ毎日走っていたのです。今のぼくからしたら考えられません。

ではなぜ3年前は出来ていたことが、今のぼくには出来ないのでしょうか?

それは走ることが習慣化されていないからだと思います。

毎日走ることが習慣化されていた時にも、走り始めは躊躇したものですが、それでも“いつもの調子”で走れました。

今は走ろうと考えても、大変なことばかりが思い浮かんでしまって、なかなか走り始めることが出来ません。

気合いを入れて1度走りに出ると少し調子が出るのですが、習慣化させるまでにはなかなか至りません。

これがブログ運営と同じなんじゃないか?って思うんです。

毎日やる方がずっと楽

ランニングもたまに走るから大変だと感じますが、毎日走っている時はさほど大変ではありません。

ブログの更新もまた同じなのです。

ぼくはブログを始めてまだ2年弱なので、まだ文章の書き始めや、まとめ方に悩むことが多々あります。

しかし毎日ブログを更新していると、それなりに“いつもの調子”ってのが出てきて、割りと楽に書くことが出来ます。

これが記事を書いていない日が3日も4日も空いてしまうと、いつも以上に考え込んでしまって、なかなか書き始めることが出来ないんです。

ブログを始めた頃は記事のクオリティを気にし過ぎてなかなか更新出来ませんでしたが、これも毎日更新してると不思議と更新出来るようになるだけでなく、たまにクオリティの高い記事も書けるんですよ。

何をもってクオリティを高いとするのかは人それぞれかと思いますが、一つの目安としてPVという記事を見てもらえたという指針となる数字を、かなり稼げる記事も出てきます。

インプット量を増やさずにアウトプット量を増やすと質が低下する!?

先日セミナーで話を聞いてきた樺沢紫苑さんの本に『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』という本があります。

その本の一文に「インプット量を増やさずにアウトプット量を増やせば質が低下する」と書いてありました。

確かにその通りだとは思いますが、ぼくを含めたブログ初心者には、まず質よりも量だと思います。

アウトプットの量を増やすことで、記事の書き方、まとめ方を含めたブログの質が“記事として読める”というレベルの質まで上がると考えます。

つまり、“記事として読める”という最低限のレベルに上がってから記事の質(クオリティ)を考えれば良いのであって、まずはその最低限のレベルまではとにかく量をこなす事が大切なのです。

まとめ

“記事として読める”レベルまでになるには量をこなす事が大切。

ではその量を増やすにはどうしたら良いのか?それは習慣として書けるぐらいになるまで、毎日更新するということです。

あなたが読んだ本、あなたが食べた料理、あなたが考え悩んだこと、あなたが知っている豆知識などなど、記事にすることはたくさんあるはずです!

とにかく書きましょう。悩む前に書きましょう。悩みながらも書きましょう。

記事の質が気になっても、1時間という決めた時間の中で書けた記事を公開していきましょう。

きっと毎日記事を書き続けることで、文章力もつき、ブログネタを選別する力もつき、いつの間にか“記事として読める”レベルを飛び越え、“読んで楽しい記事”を書けるレベルになるはずです。

ぼくはそう信じて書き続けます。

自分自身に言い聞かせたぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :