ほぼ10万円の高級iPhoneには本皮の名前入り高級ケースを用意したぜ!『abicase』手に馴染む感じがたまらない♪

Abicase iPhone6s14

9月末に新型iPhone6sが届き、直ぐ様こちらのケース(『ELECOM TOUGH SLIM』)を購入しレビューしました。

プラスチックのツルツル感とある程度の固さでiPhoneを守られてる感はすごくあったのですが、やはりほぼ10万円のiPhone6sにはちょっと見合わなかったです。

仕事の時用には良いかもしれませんが、お値段も3千円ですからね。せっかくの高級iPhoneが輝いていないと思ったのですよ。

そして遂に高級iPhoneにピッタリの高級ケースを手に入れました!それが某有名タレントも使っている『abicase』です。

高級感溢れる本皮に考えこまれたケースとしての作り。何より手に馴染む感が抜群です!!

そんなみんなが羨む高級iPhoneケースをご紹介します!

   ー SPONSORED LINK ー

高級本皮iPhoneケース『abicase』

開封!

Abicase iPhone6s1

△abicaseトレードマークのステッカーが入ってるぞ。こいつはMacBook Airか手帳に貼ろう。

Abicase iPhone6s2

△出た!これがあの有名は『abicase』だ!!

Abicase iPhone6s13

△袋から取り出すと飴色の染色皮ケースが登場!皮の匂いがたまらなくイイ感じ♪

名前入りなんだよ!

Abicase iPhone6s4

△ケース裏側の右上には、ぼくのハンドルネーム「PASMO」の名前が入っているんだぜ。

今はまだ試作段階で正式に注文は受けていなかったみたいなんだけど、無理を聞いてくれて名前刻印を押してもらっちゃいました。

名前が入ってるのと入ってないのでは、愛着がだいぶ違いますな〜♪

ケース装着方法

Abicase iPhone6s6

△ケースの装着方法はいたって簡単。まず上の部分をはめて。

Abicase iPhone6s7

△片方の足部分からよいっしょ。

Abicase iPhone6s8

△もう片方の足もよいっしょっと。

Abicase iPhone6s5

△これで装着完了!ね、簡単でしょ。

ケースポケット

Abicase iPhone6s9

△この『abicase』というのは実によく考えられていて、その考えられた一つがこちらのポケット。

Abicase iPhone6s10

△内側から見るとこんな感じ。表裏の皮でしっかり挟めます。

Abicase iPhone6s11

△「PASMO」のケースにICカードのpasmoを入れる。シャレです。シャレでお洒落です。

こんな感じでICカードなんかを入れて使う場合には、「電磁波干渉防止シート」も一緒に入れるのを忘れちゃダメなんだぜ。

落とさないように気をつけなくて良いんです!

Abicase iPhone6s12

△初めて『abicase』を見た人は、ケース下からぶら下がってる輪っかが何かわからないでしょ?

これは通称「尻尾リング」です。どうやって使うのかと言うと

Abicase iPhone6s15

△こんな感じで指にはめて使います。これがもう最高に気持ち良いんです。

iPhone5sからiPhone6sにしたぼくには、iPhoneがかなり大きくなった感じがしていて、しっかり持ってないと落としてしまいそうな不安感があったんです。

しかしこの「尻尾リング」を付けることによって、ぜ〜〜〜〜〜ったいに落とすことがない!という安心感を感じつつiPhoneを自由に使うことが出来るのです。

この安心感は使ってみないとわからないと思いますが、めちゃくちゃ最高ですよ!

まとめ

Abicase iPhone6s16

今回は高級iPhoneにふさわしい高級ケースをご紹介しました。

どうです?あなたも欲しくなっちゃったでしょ?

ぼくは飴色を選びましたが、染色皮にはいろんな種類と色んなデザインがありますので、自分の好みにあったデザインを選んでみて下さい。

いや〜 みんなが良いと言うだけあって、本当に使っていて気持ちの良いケースに出会えましたよ♪

名前入りの無理を聞いてくれたabicase(@abicase)さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

『abicase』のご注文はこちらからどうぞ!公式サイトです。

abicase

本当に良い買い物をしたぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookにてコメント