『ひらくPCバッグmini』ずっと欲しかったバッグの新作が発売されたので購入しました!

ひらくPCバッグmini8

ずいぶん前に発売された『ひらくPCバッグ』ってご存知ですか?

カバン一つで自立する「ペン立て」みたいなバッグなんですが、これがまたす〜っごく便利だと有名で、ず〜っと欲しいと思っていたのです。

しかし中々買うのに踏みきれずにいたら、なんとその『ひらくPCバッグ』から新作『ひらくPCバッグmini』が2016年2月16日に発売となりました。

これはもう迷っている場合ではないと思い、速攻で購入を決めました。

そんな欲しかったバッグの新作が届きましたので、まずはどんな感じのバッグなのかをご紹介したいと思います。

ちなみに現時点(2016年2月20日)で、3種類あるカラーのうち、ブラックカラーとブラウンカラーは品切れ状態となっており、オリーブグレーだけが残っております。

公式サイト

   ー SPONSORED LINK ー

『ひらくPCバッグmini』

正面

ひらくPCバッグmini2

△正面にはパンチングレザーのポケットが一つ付いてます。

側面

ひらくPCバッグmini3

△横から見るとこのカバンの特徴でもある、二等辺三角形がわかります。

二等辺三角形にした理由などは公式サイトを参照して下さい。

背面

ひらくPCバッグmini4

△背面と横面にはポケットなどは付いていません。

インサイド

ひらくPCバッグmini5

△こちらがカバンを開けた状態です。

二つあるファスナーを両サイドに開いても、1番下の底の部分までは開きません。パンチングレザーのポケットが付いてるところまでです。

手前にはファスナー付きポケットが二つ付いています。

△開き方としては、動画にあるように2段階で開くようになっています。

ひらくPCバッグmini6

△インサイドは、1番奥にMacBook Air13インチやA4ファイルが入り、奥から2番めにはiPadが入るスペースがあります。

両脇にはペンとモバイルバッテリーを入れる場所があり、メインの1番広いところにはマジックテープが付いた仕切りが2枚あるので、自分の好みに合わせた使い方が出来ます。

ひらくPCバッグmini7

△おまけで、手前ファスナーのポケットに、このバッグをデザインした会社「スーパーコンシューマー」のステッカーが入ってました♪

中身移行!!

昨日まで会社の通勤で使っていたバッグ

ひらくPCバッグmini9

△こちらが昨日まで通勤ではこの『コールマン ウォーカー25』を使用していました。

持ち歩いている荷物

ひらくPCバッグmini10

△そしてこれらが毎日持ち歩いている荷物です。

MacBook Air13インチ、手帳、キンドルペーパーホワイト、参考書、ケーブル類、キーケース、カードケース、名刺入れ、薬などを入れてるポーチなどなど。

なかなかの量を持ち歩いてるな。。。

ポイっと!!荷物の移行!

ひらくPCバッグmini11

△さすがに全ての荷物は入らないかと思っていましたが、何の事はなく全て入ってしまいました。

唯一MacBook Airを入れていたクッション製のケースだけは入りませんでした。

荷物を移行させてみての感想は、え?こんなに入るんだ!?って感じでした。出前のメッシュポケットとメインの広いところはまだまだ余裕があります。

隠し穴

ひらくPCバッグmini12

△内側に脇の部分にモバイルバッテリーを入れる場所があるのですが、そこからバッグ外側のパンチングレザーポケットにケーブルを通す穴があるのです。

ひらくPCバッグmini13

△内側から通したケーブルは写真のように外側のポケットで使えるので、iPhoneなどを取りやすいポケットに入れつつ、充電をすることも可能なのです。めっちゃ便利や!

まとめ

さっそく近くの喫茶店までこのバッグを持って出かけてきましたが、こいつはかなり使えそうです!

何よりこれだけたくさんの物を入れて肩に斜めがけをしても、全然重みを感じさせないのです。

さらに斜めがけしながら、ファスナーを1段階だけ開けて使うことも出来て便利でした。

使ってみての感想は、後日またお伝えしたいと思います。

▽今回紹介したバッグと同じスーパークラシックから販売されてる小さい小銭入れと薄いマネークリップのレビューはこちらです。

【abrAsus】小さい小銭入れと薄いマネークリップを使ってみたよ

家でもバッグを使うのが楽しいぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :