ブログを書き続けられない理由はココロの乱れが原因!定期的な運動が必要なのです!

2015 12 01 12 53 57

どうにもこうにも最近はブログを定期的に投稿することが出来ていません。

思い返してみると今年4月まではほぼ毎日の投稿が出来ていたのに、それ以降は1週間に1度以下という低頻度での投稿となっています。

それでもぼくの気持ちとしては、毎日何かしらの伝えたいことはあるから「ブログを書きたい!」って気持ちはあるんです。

しかし、それがなかなか行動に移せない。

その理由について考えてみて、いくつか原因は見つかったのですが、一番大きな原因は『心(ココロ)の乱れ』なんだという結果に落ち着きました。

   ー SPONSORED LINK ー

ブログを書き続けられない理由

記事にするまでを面倒くさいと思ってしまう

ブログを始めた当初は記事になるネタがなくて困っていましたが、それも続けてるうちにネタはどこにでもあることに気づき、それ以降はネタがなくて困るということはなくなりました。

しかしこれを記事にしたら良いというネタに気づけても、そのネタを記事にするまでを面倒くさいと思ってしまうのです。

記事にするためには、その伝えたいことの前後の状態も伝えなくてはならないし、物やお店の紹介をするとなると、たくさんの写真が必要となる。

自分の頭の中にはこんな写真を載せて、この説明をして・・・とイメージは湧いてくるのだが、そのイメージ通りに記事の材料を集めるのを面倒に感じてしまう。

その結果、ネタはあるのに記事に出来ないのです。

色々と余計なことまで考え過ぎてしまう

これも先ほどの例と同じような感じではあるのですが、記事を書き、公開するまでに色々と考え過ぎてしまうのです。

これについて自分の意見を記事にして良いのだろうか?こんなことをブログに書いても良いのだろうか?これは自分のブログには相応しくないのではないか?この意見に対する証拠の信ぴょう性は大丈夫なのだろうか?などなどなどなど・・・

ハッキリ申し上げて、ぼくは考えることは好きだけど、しっかり答えが出るまでやるという継続する力がとても弱いです。

威張って言うことではないんですけどね。わかってはいるんですけどね。なかなか続けられないと言いますか、途中で飽きてしまうのです。

その結果モヤモヤして、モヤモヤするならブログ書かないって結果になっちゃうんですよね。

つまりはココロが乱れている

ブログが書けない理由には、なかなかまとまった時間が取れないってこともあるんですが、書ける時はほんの数分で書けちゃったりもするので、理由にはならないとしました。

それよりも、「面倒くさいと感じる」ことや「余計なことまで考え過ぎてしまう」ことの原因としては、ぼくの性格以外に『ココロが乱れている』んだと思うんです。

仕事が忙しくて『ココロが乱れている』。

家庭内がうまくいってなくて『ココロが乱れている』。

「やりたいこと」と「やらなくちゃいけないこと」がうまく両立出来ずに『ココロが乱れている』。

お小遣いが少なくなってきて『ココロが乱れている』。同時に金銭面だけでなく、ココロまでもが貧しくなっている。

ブログが書けなくなってからの自分を思い返してみれば、色んな理由で『ココロが乱れていた』のだと気づきました。

ココロを整えるには運動が一番!

ココロが乱れてるのに、なぜ今回記事を書けたのか?

その理由としては、今月1日から始めた朝のランニングが効果を発揮してるのだと感じています。

11月に出場予定のハーフマラソン大会のために朝のランニングを再開したのですが、身体を鍛えると同時にココロまでもが鍛えられてる感じがするのです。

そして、その結果としてココロの乱れが整ってきたのです。

それは何がどうなってココロが整ったの?と聞かれても、上手に答えられないんですけど、適度な身体の疲れが良質な睡眠を生み出し、その結果脳がスッキリして、ココロが整った感じがするのです。

気のせいかもしれませんけどね。ぼくはそう思うんです。

まとめ

今回ココロの乱れを整えるのに運動が一番だという理由は、みんなに当てはまることではないかもしれません。

しかし全く運動をしない人と、定期的な運動を続けている人では、ココロの整い具合に差が出るのは、専門家の先生方による研究結果に出ています。

ブログを書き続けるのに、定期的な運動が必要なんだとは思ってもいませんでした。

しかし、これで一つブログを書き続けるための秘訣がわかったので、マラソン大会が終わっても朝のランニングを続け、同じようにブロブ投稿も続けていきたいと思いました。

 

やっと暗闇から抜け出せてきた感じがするぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :