メタボのぼくがためらいもなくスープまで飲んでしまうほどに美味しかった鶏白湯スープのラーメン『藤しろ』三軒茶屋店

藤しろ三軒茶屋店 5

何を隠そう、ぼくは体脂肪率19.0%、内臓脂肪率9.0%のいわゆる肥満予備軍。俗に言うメタボってやつです。

いばって言うことでもございませんが、これでも最近は朝走ってるんですけどね。。。一向に体脂肪率は落ちないですね。

そんな肥満予備軍の身体をしておりますので、大好きなラーメンを食べてもスープまでは飲み干さず、なるべく残すようにしておりました。

しかし、今回ご紹介のラーメン屋さんではスープが本当に美味しく、何のためらいもなく飲み干してしまうほどでした。

本店は目黒にあるようですが、今回は三軒茶屋店に行ってきましたよ。

   ー SPONSORED LINK ー

『藤しろ』三軒茶屋店

入り口

藤しろ三軒茶屋店 1

△お店の外観写真を撮り忘れてしまったのですが、入り口すぐ横には厨房が見えるようになっていました。

外を歩く人からも見えるようになっているので、店員さんからしたら常に緊張感がありますよね。

藤しろ三軒茶屋店 2

△店内に入る前に食券を買うシステムになっておりました。

一番ベーシックな芳醇鶏白湯ラーメンで750円、ぼくは味玉トッピングで850円のチケットを買いました。

こだわり

藤しろ三軒茶屋店 3

△店内はカウンター10席だけで、テーブルには『藤しろ』さんのこだわりが書かれた紙がありました。

芳醇鶏白湯味玉ラーメン

藤しろ三軒茶屋店 4

△白濁としたスープに海苔、チャーシュー、味玉、なると、メンマ、ネギが乗っております。

藤しろ三軒茶屋店 6

△ちょっと麺にピントが会っておりませんが、細麺で少し白っぽい色をしておりました。

低温の二段仕込みされたチャーシューは柔らかく、でも噛むほどに肉の美味しさがにじみ出ておりました。

まとめ

当店では、鶏がら、大山地鶏の丸鶏をふんだんに使用し、さらに牛のスジ肉をローストすることにより香ばしさをプラス。 丁寧に流す事によりフレッシュで香り高いスープが出来ました。

上記のこだわりを見てもわかる通り、スープにはかなりのこだわりを持って作ってあり、本当に美味しかったです。

藤しろ三軒茶屋店 7

ごちそうさまでした。

店舗基本情報

関連ランキング:ラーメン | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅

ラーメンを食べる時にはダイエットを忘れるぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookにてコメント