微差力の大切さを知っているかどうかで人生が変わると言っても過言ではない『微差力』著者:斎藤一人

斎藤一人 微差力

世の中にはトップにいる人とそうでない人がいます。

  • トップセールスマンと普通のセールスマン
  • 超人気ラーメン店と普通のラーメン店
  • 天才外科医と普通の外科医
  • 100万PVブロガーと1万PVブロガー
  • 超人気作家と売れない作家

これら2つを比べた時、人気のある人とない人では何が違うんだと思いますか?

生まれ持った才能?育った環境?偶然見つけた秘密の味?それとも運?

どれも違うんです。

微差を積み重ねることが出来たのかどうかなんです。

   ー SPONSORED LINK ー

「微差力」をスイッチ・オンの状態にする

この世は、すべて「微差が大差」

この世はどういう道理でできているかと言うと、微差が大差。微差が大差を生むのです。

微差というのは本当に小さなこと。

斎藤さんが例に出したので言えば、競馬と乗馬。一文字しか違わないけど、趣味が乗馬だとモテるけど、競馬だとモテない。

同じようで違うことって世の中にいっぱいありますが、そのちょっとした違いに気付けるかがとても重要なんです。

でもそれってちっとも難しいことを言ってるのではないですよ。ちょっとしたことを意識するかしないかなんです。

今、一番流行ってるラーメン屋を見てきて、自分のとこのラーメンの味を変えればいいのです。

これは自分のこだわりなんか捨てて、流行ってるラーメン屋を真似すれば良いって話じゃないですよ。

流行ってるラーメン屋を見て、なぜ流行ってるのか?なぜ美味しいのか?を考え、自分に出来ることを少しづつやれば良いのです。

こってり味が流行ってるけど、おれはさっぱり味を出したいんだと思ったのなら、ただこってり味を真似するのではなく、どうやって美味しいこってり味を出しているのか?その美味しさはさっぱり味には出来ないのか?そういうことを考え、行動することが大切なんです。

最初に斎藤さんが言ってた言葉

この本を読んで、たった一個。
自分の成功のヒント、一個でも見つかったら、試してみてください。

「微差力」に気づくことが出来たら、次に大切なのは行動することです。

まとめ

斎藤さんの言葉は読んでいてすごく納得出来るのですが、その言葉を他の人に伝えようとするとスゴく難しい。

ぼくの書評で違う捉え方をされてしまったらどうしよう?とも考えました。

でも何も書かなければ、何も伝えられない!と思ったので、勇気を出して書きました。

少しでも気になった方には、是非とも本書を手にとって読んで欲しいと思います。

今回の本は、ブロガー仲間のノリハナGO(@infnity_87_)君が紹介してくれました。ありがとう!

以上、斎藤一人さん著書『微差力』のご紹介でした。

こちらもいかがですか?

書かれてることを実践したら自分が幸せ者だって気がついた♪『絶対、よくなる!』著者:斎藤一人

 

ブロガーとして微差力を積み上げ中のぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookにてコメント