iPhone7じゃなくてもワンタップでズームの切り替え&シャッター音が鳴らない最高のカメラアプリ『BestShot』片手操作がかなり楽に出来ます!

BestShot 1

今年の秋に発売されたiPhone7の純正カメラアプリは、ワンタップするだけで簡単にズームの切り替えが出来るのを知っていましたか?

iPhone6sを使ってるぼくにはこれが羨ましく仕方ありませんでした。

なぜなら料理写真を撮る時など、被写体に近づき過ぎると影が写ってしまうのでよくズーム機能を使うのですが、これがiPhone7以前では2本の指でピンチアウトさせなければならないのです。

それがたった1本の指でポンッとタップするだけでズームになるなんて、夢のような機能だと思っていました。

しかし!それがiPhone7でなくても可能なアプリが出たのです。それが『BestShot』です。

このアプリはワンタップでズーム機能が使えるだけでなく、さらにワンタップでシーンに合わせた設定が出来て、さらに極めつけでシャッター音が鳴りません。無音です。

iPhone7を使ってる人にもオススメですが、iPhone7以前のiPhoneをお使いの方に強くオススメしたいアプリです。

自動で簡単キレイ/高画質マナー – 補正カメラ:Bestshot

自動で簡単キレイ/高画質マナー – 補正カメラ:Bestshot
開発元:VARY LLC.
無料
posted with アプリーチ

   ー SPONSORED LINK ー

iPhoneアプリ『BestShot』

ワンタップズーム機能

BestShot 2

△今表示されてるのが標準のサイズですが、右側にある虫めがねアイコンをタップするだけでズームします。

BestShot 3

△上の写真と同じ位置から撮影したのがこちらの写真です。ワンタップでズームできちゃうって楽ですよね!

色んな機能

BestShot 4

△ワンタップで設定できるのはズーム機能だけでなく、左上から「タイマー」「位置情報」「グリッド」を使用できます。

タイマーとグリッドを表示させるのは標準カメラアプリでも簡単に使えますが、真ん中の「位置情報」をタップで付加するしないが選択出来るのが良いですよね。位置情報が付いてなければ、撮った写真をそのままネットにアップしても、居場所などが知られる心配はありません。

シーン別設定

BestShot 5

△こちらの画像が「標準」で表示した場合。

BestShot 6

△こちらが「くっきり」を選択した場合。ちょっと比較対象がわかりづらくて申し訳ないのですが、標準よりも明暗がハッキリしています。

BestShot 7

△こちらが「明るく」を選択した場合。こちらの画像は露出を上げて明るくみえています。

BestShot 8

△こちらが「料理」を選択した場合。こちらはカラーバランスが調節されて、暖かみのある写真に見えます。人形だと良くわかりませんが、料理を撮るとよくわかりますよ。

BestShot 9

△こちらが「風景」を選択した場合。こちらはどういった設定がされているのか、ちょっとわかりませんでした。分かり次第追記します。

BestShot 10

△こちらが「美肌」を選択した場合。先ほどの「明るく」よりもさらに露出を上げて明るく見えますね。人を撮影するとよくわかりますが、露出だけでなくコントラストの設定もしてあるようで、全体的にボケた写真が撮れます。

まとめ

今までは飲食店などで撮影する時に、シャッター音の鳴らないアプリ『OneCam』というアプリを使っていましたが、このワンタップでズーム出来る感動を覚えてからは、こちらの『BestShot』を使うようになりました。

『OneCam』も片手でのズームは出来ましたが、ワンタップでズームにはならなかったですからね。

ワンタップでズーム出来るだけだとiPhone7を使って人には便利じゃないように思えますが、このシーン別で簡単に設定が出来るのもかなり使えますよ!

標準カメラアプリでシャッター音に嫌気が差していた人にもオススメです!

自動で簡単キレイ/高画質マナー – 補正カメラ:Bestshot

自動で簡単キレイ/高画質マナー – 補正カメラ:Bestshot
開発元:VARY LLC.
無料
posted with アプリーチ

以上、かなり使えるカメラアプリ『BestShot』のご紹介でした。

 

スクリーンショットが無音になるアプリも欲しいぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :