助けをどこに求めたら良いのか?【LRコラム】Vol.17

探し物

本当にやりたい事が見つかった。

今までずっと真剣に考え、考え、考え続けて、やっと見つけた。

これが1番やりたい事なのか?を自分に問いかけた時、今の自分はこれが1番やりたいんだ!という強い答えが返ってきた

つまり他にもやりたい事はあるんだけど、今はこれしか考えられないってこと。

どうやったら楽しくやっていけるか?どうやったらこれを仕事に出来るか?

自分がやりたいことだから、楽しく考えてはいるのだけれど、これは一人では答えが出ないって気がついた。

誰かにアドバイスをもらいたい。そう考えた時にふと気がついたことがある。

ぼくはどこに助けを求めたら良いのかがわからないのだ。

SPONSORED LINK

やりたいことをやりたいようにやるだけでは、ただの娯楽として終わってしまうので、仕事としてやっていくことは難しい。

同じような仕事をやっている人に聞くのが1番早いと思ったが、ぼくの周りに同じことをやっている人は見当たらない。

本屋に行っても、ぼくのやりたいことを仕事とする方法が書いてある本は見つからなかった。

試行錯誤を繰り返していくって道もあるのだけれど、色んな事情でそこまで時間もないのだ。

助けて欲しい時に助けてくれる人がいないんじゃなくて、どこに助けを求めたら良いのかわからない場合はどうしたら良いのだろうか?

ベンチの下にある落ち葉を探してる息子のように、ぼくも這いつくばって探してみるしかないのだろうか。

悩む時間もこれはこれで楽しいものだが、「アドバイスを下さい!」って助けを求める人がわからないとは思ってもいなかったな。

友達や知り合いは少なくない方だと思ってるけど、悩んだ時に相談出来る人、助けて欲しいと素直に言える人ってなかなかいないものだね。

こんな話をしたら笑われてしまうかも。バカにされて終わりなんじゃないか?なんてことを考えちゃうから、誰かれかまわず話してみようってことにはならない。

予想だにしないところで悩んでいるけど、これもまた一つ大きな学びとなった。

これからは恥も外聞もなく相談出来る人を作っていこう。また、自分も同じように相談される人間になろう。

あなたにはすぐに相談出来る人が何人いますか?

SPONSORED LINK

あなたの意見を聞かせて欲しいな♪