集中力を継続させる秘訣は『エキサイトバイク』にあった!

エキサイトバイク 2

ファミリーコンピューターのソフトにあった『エキサイトバイク』ってご存知ですか?

モトクロスバイクのレースゲームなんですが、あらかじめ作られたコースを走ることも、自分で作ったコースを走ることも出来て、なかなか面白いゲームなんです。

初めてやった小学生の頃は、ただただ楽しくて遊んでいたゲームなんですが、今になって思うと、このゲームに集中力を継続させる秘訣があったのです。

それはバイクも人間も、走り続けることが出来ないってとこです。

このゲームはアクセルボタン(たぶんAボタンだと思った)を押し続ければバイクは走るのですが、ある一定のところまでしか走り続けることは出来ません。

ある一定のところをオーバーヒートと呼びますが、そこまで押し続けてしまうと、バイクは走れなくなり、長い時間休憩をしなくてはまた走り始めることが出来ません。

これって人間と同じで、さらに細かく考えると、オーバーヒートさせないコツが、集中力を継続させるコツだって気付いたのです。

   ー SPONSORED LINK ー

集中力を継続させるには?

集中力の継続時間は?

バイクが走り続けるとオーバーヒートしてしまうように、人間も一つのことに集中し続けていると、頭がオーバーヒートを起こして、集中力が著しく低下してしまいます。

これはさまざまな研究結果からも出ていますが、あなた自身も体験したことがあるのではないでしょうか?

一つのことに集中すると、周りの音が聞こえなくなったり、時間があっという間に過ぎるということがあります。

これは作業効率も最高に良く、仕事や勉強をする上でとても重要なことです。

しかし、人間はこの集中した時間を長く継続させることは出来ません。集中出来る時間というのは個人差があるとは思いますが、多くの人は15分を目安に集中力が低下していくそうです。

オーバーヒートさせない

では15分を目安に低下してしまう集中力を、いかに持続させるにはどうしたら良いか?

そのヒントは以前紹介した『自分を操る超集中力』著者:メンタリストDaiGoという本に書いてありました。

15分に一度、立ち上がるだけで脳がクリアになる 【p94より引用】

これが集中力を継続させるためのポイントなんですね。

どんなに自分の集中力が続いてると感じていても、そこをあえて15分というタイミングで区切りのです。

多少個人差はあるとしても、この15分という時間をポイントに、集中力のアクセルを離してあげることが、結果的に集中力を継続させられるようになるのです。

『エキサイトバイク』でアクセルを踏み続けるとオーバーヒートしてしまうように、集中力も意図的にアクセルを離してあげないと、オーバーヒートしてしまうのです。

まとめ

集中力について考えていたら、なぜか『エキサイトバイク』のことを思い出したんです。

「あのゲームではバイクを休ませながらでないと、走り続けられなかったんだ。」って。

今回は集中力についてご紹介しましたが、これって人生でも同じなんですよね。

ずっとアクセルを踏み続けることは出来なくて、たまにアクセルを離してスピードを緩めたり、休憩をしなくては走り続けられないんです。

15分で休憩するタイミングは、ぼくはAppleWatchのタイマー機能を使っていますが、今ではどのスマートフォンでもタイマー機能は付いてると思いますので、何を使っても良いと思います。

まずはタイマーを15分でセットしてから、作業に取り掛かりましょう!

集中力についてはこの本がかなり参考になります

懐かしいゲーム

▽この中にも『エキサイトバイク』は入ってるみたいです

 

以上、『エキサイトバイク』から集中力の秘訣を学んだぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :