なぜ彼は本を踏むのか?そしてなぜそれがやってはいけないことなのか?【LRコラム】Vol.30

本てスゴイ

ぼくは去年の末頃に、“息子の足を叩いた”という記事を書いた。

【参考】ぼくは何も言わずに息子の足を叩いた【LRコラム】Vol.14

これはママがダメだと言ってるのに、笑いながら本を踏んだ息子に対して、何も言わずに叩いたことを後悔したって記事。

この記事の最後に「もっと真剣になぜ本を踏んではいけないのかを教えるべきだった」とぼくは書いた。

ただ書いただけでなく、なぜ本を踏んではいけないのか、よ〜く考えてみた。

でも結果として出た答えは「よくわからない」だ。

そもそも、本を踏んではいけない理由がわからないのだ。

   ー SPONSORED LINK ー

息子を怒っておきながら、本を踏んではいけない理由を、しっかりと言えない自分がいた。

ぼくは本を読むのも好きだし、本そのものが大好きだ。

本はぼくに、知らない知識を教えてくれることもあるし、落ち込んだ気分を明るくしてくれることもある。

いつまでもやる気の出ない時には、厳しい言葉と具体的な例を出して、何とかやる気を出そうとしてくれる。

キレイな景色を見せてくれることもあるし、人間の目では見れないような、小さな自然を見せてくれることもある。

楽しいストーリーにワクワクすることもあるし、悲しい物語に涙することもある。

とにかく数え上げたらキリがないほど、ぼくにとって本は、たくさんの幸せをくれる素晴らしい物だ

でもそれはぼくにとってそうであっても、息子にとっても同じであるとは言えない。

大好きな電車の本は、息子も見ていてワクワクしているようだけど、ぼくと同じ価値観をもっているかはわからない。

そんなに大して大切な物ではないから、息子は踏んづけてしまうのかもしれないと思った。

本は踏んだからって読めなくなる物ではない。

切ったり破ったりしたら読めなくなってしまうけど、踏んだり投げたりしたって大丈夫だ。

ぼくの正直な気持ちとしては、息子にもぼくと同じように本を大切にして欲しいって思うけど、1歳6ヶ月の息子には何が大切で何が大切ではないのか、そんな区別もまだ出来ないんじゃないかな?

ママのことは大切だと思ってるはずだけど、それでも容赦なく顔を叩いたり、物を投げつけたりしてるからね。

何を言いたいかってまとめると、ぼくは本が大切で踏んだりしてはいけないと思ってる。

でも、息子にはまだ本が大切な物なのか、区別がつかないし、わかっていないのではないかと思った。

だから息子が自分の本を踏んだり投げたりしても、怒るのは止めることにした。

きっと大切だと思った時には、ぼくと同じように本を大切にしてくれるはずだから

育児って難しいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookにてコメント