“なんちゃってBBQ”から卒業だ!!『BBQ MASTER’S ACADEMY』に参加してBBQの基礎を学んできました!

JapanBBQCollege 1

BBQが大好きなぼくですが、BBQに対する知識はほとんど持っておりませんでした。

お肉や野菜などが美味しく焼ければ良いじゃない!そもそもBBQにそんな知識なんてあるんかいな?と思っていたぐらいです。

しかし最近になって、BBQで家族や友達を本気で喜ばせたいと思うようになり、たくさんのBBQに関する本を読み漁りました。

それでも「やはり本だけではいまいち良くわからない!それならばBBQのプロフェッショナルに教えを請うではないか」ということで、ぼくが3年前にこのブログで紹介した本『Premium BBQ』の著者、榊幸治さんが代表を務める「ジャパンBBQカレッジ」の『BBQ MASTER’S ACADEMY』というイベントに行ってきました

想像以上に本気で真面目なイベントで、BBQの知識、技術を教えていただくことが出来ました。

今回はそのイベントがどんな感じだったのか、ご紹介したいと思います。

   ー SPONSORED LINK ー

JAPAN BBQ CALLEGEの『BBQ MASTER’S ACADEMY』に参加!

会場は『清水公園』のオートキャンプ場

JapanBBQCollege 2

△イベントは、千葉県野田市にある『清水公園』のオートキャンプ場にて行われました。

【公式サイト】清水公園 公式ホームページ

JapanBBQCollege 3

△かなりしっかりとしたキャンプ場で、炊事場もしっかり用意されています。

JapanBBQCollege 4

△生憎の天気でしたが、キレイな桜が近くで咲いていました。

JapanBBQCollege 5

△こんな素敵なテキストまで用意されていました。公式サイトを観ると、まだできたてホヤホヤのテキストのようです。

でも内容は榊さんが20年以上もの研究した結果が書かれており、書店で販売されたら絶対に売れる内容となってました。

JapanBBQCollege 6

△ちなみに、今回のぼくの装備はこんな感じ。

チェアだけキャプテンスタッグで、後はコールマンのアウトレットショップで揃えました。

まずは火起こしから

JapanBBQCollege 7

△千葉キャンパスの先生方が、炭の組み方から教えてくれました。

JapanBBQCollege 8

△これは着火剤に火を付けた直後です。まだうちわであおいではいけませんよ〜!

JapanBBQCollege 9

△着火剤の火が消えたら、うちわであおぎます。すると炭の内側からどんどん火が起きてきます。

JapanBBQCollege 10

△炭の全体に白く灰が付き、内側が赤く燃えるような色になったら、準備が完了です。

これから鶏肉を焼くので、炭を両端に分ける【サイドウォール】というレイアウトにしています。

実習1. 鶏のもも肉

JapanBBQCollege 11

△両面によく塩コショウを振り、まずは皮の面から焼き始めます。

JapanBBQCollege 12

△皮がパリパリと美味しそうに焼けたら、裏返して焼きます。

JapanBBQCollege 13

△パリパリの皮に、ジューシーなお肉がめちゃくちゃ美味しかったです。

この後は先ほど紹介したテキストを使用して、座学での勉強をしました。

実習2. 牛のミスジ

JapanBBQCollege 14

△実習2では、牛のミスジステーキを焼きました。

ミスジとは牛の肩甲骨内側のお肉のことで、1頭の牛から少量しかとれないため、希少部位とされています。

JapanBBQCollege 15

△両面にしっかりと塩コショウをして、5分ほど置いてから焼き始めます。お肉に塩コショウを馴染ませるんですね。

そして焼面全域に対して均一に赤外線を当てたいため、炭を火床全体に置く【フルフラット】というレイアウトにしました。

JapanBBQCollege 16

△お肉の表面に水分が浮いてきたら、裏返します。焦げ目がなんとも美味しそうでしょ。

JapanBBQCollege 17

△裏面も同じように水分が浮いてくるまで焼いたら、肉を焼網からおろしてアルミホイルで包みます。

こうすることでお肉の中心部にも熱が伝わり、より美味しくなるんですね〜。

JapanBBQCollege 18

△ぼくはアルミホイルで包んだ後に、あまり待たずにカットしてみました。

すると中は美味しそうなピンク色で、レアに近いミディアムに焼けていましたよ。

肉の旨みが口いっぱいに広がり、「肉食ってるぜ〜!!」って感動を味わえました。

実習3. ハンバーグ

JapanBBQCollege 20

△お次はハンバーグです。

玉ねぎをカットするところから始まり、卵、パン粉を牛肉と混ぜ合わせ、よ〜くこねてから焼きました。

炭の配置は鶏のもも肉の時と同じで、【サイドウォール】というレイアウトにして、最初は両端の炭が置いてある上で焼きます。

JapanBBQCollege 21

△両面がしっかり焼けるまで、焼網の両端で焼きます。

JapanBBQCollege 22

△美味しそうな肉汁が見えますか?これが出てきたらもう大丈夫!

ハンバーグを焼網の中心に乗せ、アルミのカバーを上からかぶせ、もう少し焼きました。

JapanBBQCollege 23

△とっても美味しく焼けたのですが、先ほど牛のミスジでレアだった反動か、ハンバーグはかなりしっかりと焼けました。

ぼくの好みとしては、もう少しレアな感じが良かったです。これもまた勉強になりました。

※2017.4.18 追記

Prof.さかきさんにレポート記事のブログ投稿したことをメールさせていただくと、何とも嬉しいことにご返信いただき、このハンバーグについてのご指導いただきましたので追記します。

ハンバーグは、今回は牛豚合挽きを使用しましたので、完全加熱が鉄則です。
牛挽肉100%であれば、レアに仕上げることも可能ですが、豚が混ざると完全加熱しなくてはなりません。
牛100%でしたらミスジと同じ焼き方になるため、勉強にならないということで牛豚合挽きを使用しました。

こうやってご指導いただけるなんて、ぼくは本当に幸せ者でございます。Prof.さかきさん、本当にありがとうございます!

実習4. バナナチョコレートパイ

JapanBBQCollege 24

△最後は実習のテストも兼ねて、バナナチョコレートパイを焼きました。

これもパイにバナナとチョコレートソースを巻くところからやったのですが、焼き方はこれまでに学んだ技術をくしして、自分で考えたやり方で焼いて下さいとのことでした。

JapanBBQCollege 25

△この記事を読んでくれたあなたが、今後この『BBQ MASTER’S ACADEMY』に参加するかもしれませんので、答えは内緒にしておきますが、ぼくはとっても美味しく焼けましたw

ヒントを一つ言ってしまうと、「炭火を使うなら、アルミホイルで包んだら意味がない」ってことですね。

まとめ

JapanBBQCollege 26

ぼくが3年前に榊さんの本をブログで紹介した記事に、「榊さんと会いたい」という夢を書いていました。

3年ごしになりましたが、こういった形でも夢が叶ってとても嬉しかったです。

写真も一緒に撮ってもらったし、本にサインもしてもらい、握手もしていただきました。

今回学んだことを頭ではなく、しっかりと身体に覚えさせるほどに、これからたくさんBBQをやっていこうと考えております。

あなたも本格的なBBQを楽しみたい!家族や友達にBBQで美味しい料理を振る舞いたい!BBQの楽しさを味わいたい!そう思ったら、是非次回の『BBQ MASTER’S ACADEMY』に参加してみて下さいね。

【公式サイト】JAPAN BBQ COLLEGE ~ ジャパンBBQカレッジWeb-Site

 

久しぶりのブログ投稿に悪戦苦闘したBBQのマッキー(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :