『やりたいこと』と『やるべきこと』に優先順位をつける【日刊LR】Vol.3

日刊LRVol3

仕事をしている社会人だけでなく、勉強をしている学生、家事・育児をやっている大人。みんなやりたいこととやるべきことがあると思います。

学生の時の自分はやるべき勉強を後回しにして、やりたいことばかりをやっていました。

しかし社会人として働いている今は、やりたいことをやる前に、やるべきことをやらなくてはいけません。

やりたいことばかりをやってしまい、後で困ることのないようにするには、やるべきことと、やりたいことをまず明確に書き出す必要があります。

自分は毎朝愛用のトラベラーズノートに、タスク管理をしているTodoistから、今日やりたいことと、やるべきことを書き出します。

そしてその書き出したやりたいこと、やるべきことに対して優先順位を付けます

  1. 今日中に絶対やらなくてはいけないこと
  2. なるべく今日中にやりたいこと
  3. 時間に余裕があったらやりたいこと

こんな感じで順位をつけます。

この時点で今日必ずやるべきことが明確になっているので、これさえやっておけば大丈夫だ!という一つの安心が生まれます。

すると、その後に控えてるやりたいことのために、早くやるべきことを終わらそうという気持ちになります。

   ー SPONSORED LINK ー

優先順位をつけることでやるべきことの終わりが見えて、モチベーションも高まります

今日中にやるべきことが多すぎて、やりたいことが全然やれそうにない!とわかるとモチベーションは下がりますが、それはやるべきことを今日まで溜めてしまったツケが回ってきたと思って、やるべきことが終わるまでは我慢するしかありません。

それでもやるべきことがわかっているのと、わからずにいるのでは仕事の効率も大きく変わってきます。

やりたいことと、やるべきことを書き出したことで、一つのことが終わったら次はこれをやる!ということもわかっているので、「次は何をやらなくてはいけないんだろう?」と迷うこともありません。

意識しないとわからないものですが、この迷ってる時間というのが、かなり時間の無駄遣いになっています。

やりたいことをやるために、やるべきことを明確にしておく。そして優先順位をつけることで、モチベーションも上がり、時間の節約も出来る。

起床してからほんの5分から10分を費やすだけで、これだけの効果があるんです。やらない理由はありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookにてコメント