「時間の節約」と「仕事の効率化」を求めるのは、時間に追われたくないから【日刊LR】Vol.8

2016 03 21 08 34 20

昨日メダカの水槽を新調した。

メダカ達はとても気持ち良さそうに泳いでる。

時間のことなど全く気にすることなく、エサを食べては泳ぎ、水草をつついたり、砂利に落ちたエサを吸い上げたり。

とっても優雅に泳いでる。

メダカにはメダカの大変さがあるんだろうけど、ぼくにはとっても優雅に、そして気ままに生きてる気がする。

そんなメダカ達を見て、ぼくは常日頃から考えてる、「時間の節約」と「仕事の効率化」について思い返した。

   ー SPONSORED LINK ー

「時間の節約」と「仕事の効率化」は、今の自分がとにかく忙しくて、あれもこれもとやらなくてはいけないからではない。

本業である材木屋の仕事は、朝始まる時間が早いぐらいで、毎日残業をしなくてはいけないほどに忙しいことはない。

ではなぜ『時間』を追い求めるのか?

それは自分が“時間に追われたくないから”これに尽きる。

本業の仕事以外に、家に帰れば家事・育児の手伝いもある。

先日も書いたが、ブログも書きたい。読書もしたい。資格取得のための勉強もしたい。家族との時間も大切にしたい。友人との会話も楽しみたい。マラソン大会に向けての練習もしたい。

やりたいことがいっぱい、いっぱい、い〜っぱいある。

あれをやりたいのに、これがあるからできない。時間が足りない。

これが嫌なんだ。

出来るだけ時間に追われることなく、時間をコントロールするために「時間の節約」と「仕事の効率化」を求めている。

我が家のメダカのように、優雅に泳いでいたいんだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :