誰かにイラッとした事ありませんか?原因は全て自分にあるらしいですよ!

 A0027 001629

誰かにイラッってした事ありませんか?

誰かに怒った事ってありませんか?

誰しもが1度はこの『怒り』の感情を出した事があると思いますが、自分は短気な性格の為、この『怒り』の感情がよく出てしまいます。

   ー SPONSORED LINK ー

先日そんな自分を見て、先輩が教えてくれました。

「他人に対して『怒り』の感情が出るって事は、他人に対して『期待』しているからなんだよ。

『期待』しているから、その期待通りにならない事で『怒り』の感情が出るんだよ。」

『怒り』の感情が出る原因は、『期待』しているから出るんだそうです。

 

どんな『期待』をしているのか考えてみた

1.道を歩いていて、反対側から来た人にぶつかられた時

この場合は、反対側から来た人はまさかぶつかってきませんよね?っていう『期待』をしている。

『期待』をしていなかったら、ぶつかるかもしれないと思って、大幅に避けていたことでしょう。

 

2.落し物を拾ってあげて、「ありがとう」も言われなかった時

落し物を拾ってあげたのだから、感謝の気持ちを表す「ありがとう」ぐらい言いますよね?という『期待』。

落し物をした人は自分で探したかったのかもしれない!と考えると、「ありがとう」の言葉は出ないでしょう。

しかし最低限のマナーとして、「ありがとう」ぐらい言っても良いんじゃない?って思いますが、これも最低限のマナーはありますよね?という『期待』をしている結果である。

 

3.車を運転中に、無理やり割り込んで入ってくる車がいた時

自分は毎日首都高速を走っているので、こんな状況は多々あります。

今までは毎回ムカッとしていましたが、これも無理やりな割り込みなんてしないよね?という『期待』、ドライビングマナーがありますよね?という割り込みをしてきた人に対する『期待』があるからこそ、ムカッとしてしまうのです。

 

4.待ち合わせの時間に平気で遅れてくる人がいた場合

待ち合わせの時間を決めておいて、平気でその時間を忘れ遅れてくる人がいます。

そんな時もイラッとしてしまいますが、これは待ち合わせの時間を守るのは当たり前だよね?という『期待』があるからです。

もちろん時間を守るのは人間として最低限のマナーだと思いますが、これもできない人がいるのが現状です。

それなのに『期待』してしまうから、『怒り』の感情が出てくるのです。

 

5.ストレートにムカつく事を言われた時

この場合はムカつく事を言われているのだから、ムカッと『怒り』の感情が出てしまうのが普通だとは思います。

しかしこれも、まさかムカつく事なんて言わないよね?という『期待』をしているからこそ『怒り』の感情が出るのです。

この人はムカつく事を言ってくる人なんだ!って事を最初からわかっていれば、『怒り』の感情はほとんど出ないでしょう。

『怒り』を0(ゼロ)にするのは、かなり難しいとは思いますが・・・

 

結果 

先輩が言っていた事が100%正しいかはわかりませんが、『怒り』の感情が出る時というのは、少なからず『期待』が存在する為に起こることなんだとわかりました。

つまり、全ての事に対して『期待』を全くしなくなった時、『怒り』という感情は出てこないのです!!

 

まとめ

今回の話は先輩も誰かから聞いた話のようで、有名な話だそうです。

自分は始めて聞いたので、自分なりに色々と考えてみましたが、やはり頭ではわかっていても実生活でこれを当てはめ、『怒り』の感情をなくすというのはかなり難しそうです。

それこそ悟りとかの次元の話になってしまいそうです。

それでも少なからず自分の『期待』が原因で、『怒り』の感情が出るって事がわかったので、イラッとした時は「あ、また『期待』をしてしまったんだな」と考えれば、今までのように怒ることはなさそうです。

 

今回の話は有名との事ですが、まだ自分と同じように知らない人の参考になれば幸いです。

 

 

 

今回とは違う考えをお持ちの方は、是非ぱすも(@jpasmo)にご指導下さい(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK