両国駅近くで見つけた、すっご〜く安らげる銭湯《江戸遊》岩盤浴もありますよ!

2014 03 15 15 23 16

身体に仕事の疲れや、お酒が残っている時はデトックスするのが1番!

と言う事で、自宅近くで岩盤浴がある銭湯を探したところ、地下鉄大江戸線の両国駅すぐ近くに《江戸遊》さんという銭湯スパを見つけたので行ってきました。

とっても安らげる素敵な銭湯だったので、ご紹介させていただきます。

   ー SPONSORED LINK ー

《江戸遊》両国店

フロア案内

1F 受付番台(入館・退館手続き)/お土産処

2F <男性専用フロア> 男湯/韓国式アカスリ/脱衣所/お休み処

3F <男女共用フロア> ご予約番/お食事処「北斎」/見楽処/東洋整体/足もみ/タイ古式セラピー/お休み処

4F <女性専用フロア> 女湯/韓国式アカスリ/脱衣所/お休み処

5F <男女共有フロア> 岩盤浴「白珪房」/アジアンスパ

 

 

5階までフロアがあります。

1階で受付をして、男性はそこから2階の男湯に行きます。

岩盤浴は5階にあるのですが、予約は3階で行います。

(土日祝のみ予約制となっているそうです)

館内はエレベーターがありますので、5階まで行くのも心配ありません。

 

男のやすらぎ湯・女のくつろぎ湯

  • 檜湯
  • 寝湯(女湯は気泡湯)
  • 二股人口温泉湯

上記3種類の湯と、水風呂

  • フィンランドサウナ
  • 黄土サウナ(中温)

上記2種類のサウナがあります。

全体的にはそんなに広いとは思いませんでしたが、各湯が大きな壁で分かれている訳ではないので、全然狭いとは感じませんでした。

今回は土曜日の昼過ぎに行った為に割と人が多い感じでしたが、ごちゃごちゃとした感じもなかったです。

 

岩盤浴「白珪房」

予約した時間に5階の岩盤浴に行くとまず入り口に休憩処があり、活性水素水を自由に飲み事が出来ます。

その奥に進むと、背の低い入り口をくぐって岩盤浴室に入ります。

中には16の岩盤ベットが並んでいます。

予約時にベットの場所も決めるので、決められた場所で横になります。

中には携帯や本などを持ち込む事が出来ませんので、身体と共に目もゆっくり休ませましょう。

予約の時間から45分経過した時に、スタッフの人が「清掃に入ります!」と言って岩盤浴室に入ってくるので、そこで自分の岩盤浴タイムは終了です。

 

お休み処

2階から4階のフロアにはお休み処なる休憩所があります。

ここでは1人1台のテレビが付いているリクライニングソファーが用意されています。

少し涼しい温度に設定されているようで、湯冷めしないようにタオルケットまで用意されています。

自分はここでのんびりと携帯をいじったり、考え事をしていました。

 

その他

館内の自動販売機はロッカーキーにて利用でき、帰る時に精算します。

銭湯の定番である、コーヒー牛乳もしっかり用意されていましたよ!

駐車場は提携してるパーキングがすぐ近くにあり、2時間までは無料になります。

自分はゆっくりし過ぎた為に1000円の駐車料金を払う事になりましたが・・・

 

まとめ

先輩ブロガーの@RyuNagayamaさんが、週末には岩盤浴で疲れとお酒を抜いているとブログで言っていたので、自分も自宅近くで探していたのだが、こんなにも良い銭湯&岩盤浴を見つけられるとは思わなかったです。

これから少し疲れた週末には、ここでデトックスして、心と身体を休ませたいと思います。

 

店舗基本情報

営業時間

午前11時〜翌朝9時 年中無休(年に数回のメンテナンス休館あり)

入館料

2,300円(岩盤浴の入浴料金も含みます)

深夜割増料金

1時間につき315円

※深夜1時〜翌朝6時ご滞在のお客様

カード会員入館料

2,000円

※22時からご利用の場合は、会員特典として深夜料金込みの3,150円で翌朝9時までご利用頂けます。

サービスデー

1,800円

※第一水曜日レディスデー・第二水曜日江戸遊会員デー・第三水曜日メンズデー(祝日にあたる場合は変更になる場合があります)

朝風呂

1,000円

※朝6時から朝8時までご利用頂けます。(タオル1枚・バスタオル1枚付)

 

 両国湯屋「江戸遊」-風呂好きが、好きずき入る両国銭湯スパ。

http://www.edoyu.com/ryougoku/index.html

 

 

素敵な岩盤浴をご存知の方は、是非ぱすも(@jpasmo)に教えて下さい(`・ω・´)ゞ


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK