仲間がいればなんでも叶う?!『世界一ふざけた夢の叶え方』著者:ひすいこたろう 菅野一勢 柳田厚志

世界一ふざけた夢の叶え方

夢を叶えたいと思った時、あなただったらまず何をしますか?

昔のぼくであれば、うんうんと唸りながら一人で考えて終わりでした。

ちょっと前のぼくであれば、叶えたい夢を紙に書き出し、どうやったら叶えられるか、これまた一人で考え混んでいました。

でも今のぼくはちょっと違います。

一人で考え込まず、誰かに話すようになりました。

この本に書いてあるような仲間はまだいない(気づいてないだけ?)んだけど、とにかく口に出していこうって思いました。

一人で考えてるよりも、叶えたい夢を口に出して、それを誰かに伝えた方が良いんですって。

   ー SPONSORED LINK ー

『世界一ふざけた夢の叶え方』

著者:ひすいこたろう 菅野一勢 柳田厚志

この本は3人の著者が、それぞれ経験してきたことを交互に書いています。

ひすいこたろうさんは以前に『あした死ぬかもよ?』という本の書評記事でご紹介した、天才コピーライターです。

菅野一勢さんは、情報起業(インフォビジネス)のパイオニア。メールもできない状態からネットビジネスに参入し、そこから1年ちょっとで、1億円の売上ブレイクした方です。

柳田厚志さんは、“毎日サーフィンしながら自由に働き、おもろいビジネスで社会を変える!”というモットーを持ち、今では各界のプロフェッショナルをプロデュースし、オンラインスクールやセミナーという形で世の中に紹介しています。

とにかく3人ともすごい肩書を持った人たちです。

夢を叶えるのに必要なのは?

この本には夢を叶えるための具体的な方法は書かれていません。

なぜなら夢それぞれに、叶え方が違うからです。

ただこの本には全ての夢に共通して使える、夢を叶える方法が書かれています。

それはたった一つ、「仲間と共に進む」という方法です。

叶えたい夢はそれぞれでも、お互いに夢をもっていれば励ましあったり、またはライバルとして切磋琢磨し合うことができるのです。

「仲間と共に進む」のがどういったことなのか、どういう効果をもたらすのか、それらがこの本に3人の経験談と共に書かれています。

まとめ

少し厳しい言い方をしてしまうと、この本は自分の夢がハッキリわかっていない人には、書かれていることが素直に入ってはこないでしょう。

夢は持っているけど、どうやって頑張っていったら良いのわからない!って人にオススメの本です。

この本では「仲間と共に進む」ことが夢を叶える最短の道だと書かれていますが、仲間の作り方は具体的には書かれていません。

しかし、どういったタイミングで、どういったことを考え、どのように行動しているのかをよく読み解くと、仲間の作り方も見えてきます。

あなたはまたぼくとは違うとらえ方をするかもしれませんが、ぼくは「自分と近い志を持った人が集まりそうな場所に行く」と読み解きました。

これは正解かもしれないし、間違ってるかもしれません。でもぼくはこの方法で仲間を作ってみようと思います。

あなただったら、どう読み解きますか?

 

仲間探しの旅に出始めたぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :