ふとした時に気づけた大好きの気持ちを忘れない【日刊LR】Vol.14

15853271380 ed27225de4 k

ふとした時に、自分の大好きに気づけることがある。

自分が大好きな物や事ってわかってるつもりだけど、やはり全てはわかりきれていない。

ここで言う大好きとは、本当に心がワクワクするようなことを言っている。

自分は先日、息子と小躍りしてしまうほどの大好きに気付けた。

それがハワイだ。

   ー SPONSORED LINK ー

ハワイには2回ほど行ったことがある。

1度目は14年ほど前の社員旅行で、2度目が一昨年の新婚旅行だ。

新婚旅行では特に予定も決めずにハワイへ行ったので、かなりのんびり過ごすことが出来た。

12月でハワイも冬とのことだったが、昼間は半袖で過ごせるほどの暖かさ。

空気がカラッとしていて、何もせずぼ〜っとしていても幸せを感じる、そんな印象が強い。

是非ともまたハワイへ行きたいって思ってはいたけど、そんな長期の休みはなかなか取れないし、お金もそれなりに必要となる。

そんな理由から、ハワイへまた行きたいって気持ちは段々と薄れていった。

そんなハワイへ行きたい気持ちが薄れかかった時に、行きたい気持ちを爆発させる出来事があった。

それは親戚の結婚式だ。

嫁さんの従姉妹がハワイで暮らしているのだが、ついにハワイで付き合っている人との結婚が決まったのだ。つまり国際結婚。

嫁さんの従姉妹とは、新婚旅行で会ったことしかないのだが、結婚式を盛大にやりたいから家族で来て欲しいと招待してもらえた。

その話を聞いた時の自分の感情が、今思い出しても信じられないほどの喜びだった。

確かにハワイへ行きたいって気持ちは常にあったが、ここまで自分自身が喜ぶとは思ってもいなかったのだ。

現実問題として、まだ1歳にもならない息子を連れて行けるか?ってことがすぐに浮かんだのだが、自分の気持ちが落ち着くことはなかった。

これから嫁さんとよく話し合いをして、やはり息子を連れて行くのは無理だ!となればハワイには行けない。

そこを無理してまで行こうなんて全く思わないのだが、それでも行けるかもしれないってことが嬉しくて仕方なかった。

書評は書けていないが、以前『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』という本を読んだ。

これに“自分が希望する未来がイメージできる写真”を用意するってワークがあるんだけど、その写真が用意出来なかったんだ。

自分は行けないかもしれないけど、行けるかもって可能性が少しでもあっただけで、こんなにも喜ぶことが出来た。

なかなか出会うことの出来ない、心の奥底からワクワクしたこの気持ちを、いつまでも大切にするため、ハワイの写真を用意しておこうと決めた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookにてコメント