「政府関係者はぶぜん」どっちの意味の『ぶぜん』なんだろうね?【週刊LR】2016年12月18日

Ckh1hh8klla christian spies

今週はロシアのプーチン大統領が来日され、日露首脳会談が行われましたね。

安倍首相とは仲良く温泉に入ったり、旅館での食事など日本を楽しんで貰えたようでなによりです。

16日の金曜日には財界人らによる「日露ビジネス対話」の全体会合が行われたのですが、その時のニュースを書いた朝日新聞デジタルの記事に違和感を感じました。

「日露ビジネス対話」に突如現れたソフトバンクグループの孫正義社長が、プーチン大統領と肩を抱き合って話した時の様子を『日本の政府関係者はぶぜんとした様子。』と表現したのです。【引用元】孫正義氏、プーチン氏と意気投合 政府関係者はぶぜん:朝日新聞デジタル

ぶぜんの意味をよく知らなかったぼくがインターネットで調べると、意味が2つありました。【引用元】ぶぜん【憮然】の意味 – goo国語辞書

1つは「失望してぼんやりとしている様子」、もう1つは「腹を立てている様子」という意味です。

しかし、孫さんがロシア政府側から呼ばれて行ったのであれば、政府関係者が失望や腹を立てる意味がわからないです。つまり、「ぶぜん」に2つある意味のどちらも当てはまらないのではないかと思ったのです。

ぼくが調べたgoo国語辞書に書かれた内容が間違っていて、違う意味で使ったのかもしれませんが、この状況ではわざわざ「ぶぜん」なんて言葉を使わず、「ビックリしていた」か、「唖然としていた」って言葉で良かったんじゃないでしょうか?

わざと事を荒立てるような言い方をしてるのかな?なんて悪いように受け止めてしまいました。

ぼくも文章を書く端くれとして、言葉使いには気をつけなくてはならないと感じたところで、いつも通り今週の振り返りです!

   ー SPONSORED LINK ー

2016年12月12日〜12月18日の振り返り

12日 月曜日

ブログでアイスの新発売情報を発信するまでは知りませんでしたが、年末が近くなったこの時期でも新商品て発売されるんですね。

しかもこの寒い時期にアイスの新商品がたくさん出てくるのは、アイス好きのぼくにはたまらなく嬉しいです!

13日 火曜日

このお店は釜めし好きには是非行ってみてもらいたいお店なんです。

色んな種類の釜めしが用意されていますが、季節限定釜めしがオススメですよ!今の時期だとやっぱり牡蠣が食べたいですね〜♪

14日 水曜日

この本は何でもかんでもリストにしてしまいたいリストマニアの著者が、リストの素晴らしさを教えてくれる本です。

読んでいて「うんうん。わかるわかる。」とうなずきながら読んだぼくは、そもそもかなりのリストマニアだってことに気が付きました。

リストを作るのも眺めるのも更新するのも大好きです♪

15日 木曜日

このアイスはそんなに期待して食べてなかっただけに、食べながら笑ってしまうほどに美味しかったです。

同じ日にもう一つ新発売した『クランキーアイスバー キャラメル&クッキー』ってアイスがあったんですが、こちらは期待し過ぎてしまったからか、記事にしたいと思うほどに好きな味ではなかったです。

16日 金曜日

もう本当にAppleWatchが愛しくて仕方ありません。普段の生活が5倍以上楽しくなったことは間違いないでしょう。

買って良かったことはたくさんあるのですが、今のところ1番良いと思うのは、コンビニでの支払いに腕を出すだけで済んでしまうことですね。めちゃくちゃ楽です!あとバスや電車に乗るのもめちゃくちゃ楽になりました。

アシタノレシピ寄稿記事

水曜日に紹介した本でぼく自身がリストマニアだと気付いたので、みんなにもこのリストの素晴らしさをお伝えしたいと思って書きました。

まずはタイトルを書いておくだけ。後は思いついた時に書くだけで良いから楽ちんですよ!それでいてリストを持ってる効果は絶大なものに・・・

17日 土曜日

今年の世相を表す漢字一字が『金』に決まったので、ぼくも今年を振り返って漢字一字で表してみました。

あなたはどんな漢字を選びましたか?

まとめ

来週末にはクリスマスがあり、その後にはすぐ年末年始がやってきます。

12月は師匠も走るほどの忙しさですので、師走とも言われます。

ただ慌ただしく過ごすのではなく、体調管理をしっかりして、来年に向けた準備をしていきたいですね!

 

大きな変化があるであろう来年に向けて今から準備しているぱすも(@jpasmo)でした! 最後まで読んでくれてMahalo…(`・ω・´)ゞ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBBQのマッキーをフォローしよう!

SPONSORED LINK

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookにてコメント