人生を楽しむためにブログ書いてます!

息子を見ていたら『夢の叶え方』がなんとなくわかった気がした

ぼくには3歳になる息子がいる。

色んなことに興味のある息子は、とにかく何にでも挑戦している。

そして今やれることに集中している。

そんな息子を見ていて、何となく『夢の叶え方』がわかったような気がした。

これが『夢の叶え方』?

人生の目標を毎朝10個書いているが

ぼくは神田 昌典さんが書いた、『非常識な成功法則』という本を読んでから、毎朝『人生の目標』を10個ノートに書いている。

これは『人生の目標』をノートに書くだけで、目標が叶うと本に書いてあったからだ。

去年の夏ぐらいから書き始めて、約半年が経った。

振り返ってみると、細かい目標(お肉検定合格など)は本当に叶ってきた。

でも最近になって、この目標の達成具合が悪くなってきた。

目標が達成しなくなってきた

毎日休まず『人生の目標』を書いているのに、「なぜ最近になって叶わなくなってきたのだろう?」と考えるようになった。

「意味がないのであれば、やめてしまおう!」そう思った時、ぼくはただ書いているだけだということに気がついた。

『人生の目標』を毎朝ノートに書いている。しかし毎朝書くことで、一つ一つの目標に対しての意識がとても薄くなっていたのだ。

目標を叶えたいという願望はあるのに、それがとても弱くなっていた感じ。

最初の頃は「この目標を絶対に叶えるんだ!」そう意識しながら書いていたが、最近では『人生の目標』を書くことが習慣化されてしまって、【書く】という行為をただ行っていた。

それに気がつけたのは、息子がサッカーボールを一生懸命に蹴る姿を見た時だった

ただただボールに集中している息子

3歳の息子は、まだサッカーボールを上手に蹴ることができない。

と、つい先日まで思っていたのだが、先週末に公園で一緒にサッカーをやってみると、ものすごく上手にボールを蹴れるようになっていた。

ぼくは本当に驚いた。

息子は毎日サッカーボールを蹴っていたわけではない。

ぼくか妻が公園に連れて行った時にだけ、サッカーボールを蹴っている。ただそれだけ。

ではなぜ息子はこんなにも短期間で、ろくに練習もしていないのに上手になったのか?

それは【サッカーボールを蹴れる】という限りある時間の中で、サッカーボールにだけ集中していたからだと思った。

サッカーボールを蹴りながら、おやつのことや、仮面ライダーのことを考えてはいない。

目の前のサッカーボールにだけ集中していたのだ。

夢を見ているようで見ていなかった

ぼくは毎朝『人生の目標』を書いて、それらを叶える夢を見ていた。

そう、最初の頃は。

しかし最近のぼくはただ『人生の目標』を書くだけで、『叶えたい夢』をしっかり見ていなかったことに気がついた。

『叶えたい夢』の中には、今すぐやれることばかりではない。

何年もかけて叶えたい夢があるが、それらに対しても「いつか叶うかな?」ぐらいにしか考えていなかった。

今の自分に必要なことは、息子がサッカーボールを真剣に追いかけるのと同じように、叶えたい夢に対して、しっかり向き合うことなのだ。

今やれること

今の自分にやれること。

それは毎日『人生の目標』をノートに書き、そしてリアルに『叶える夢』を見ること。

そこから始めよう。

そして毎週『叶えたい夢』に対して、自分がどれだけ近づくことができたのか?をしっかりチェックしていこう。

それこそが週次レビューでやるべきことなんだと、今さら気がついた。

まとめ

サッカーだけでなく、仮面ライダー、電車など、息子が興味をもったことはたくさんある。

でもそれらを同時にやろうとはしない。

今やれる遊びに対して、真剣でかつ没頭している。

それこそが上手になる秘訣であり、『夢の叶え方』なんだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。