人生の学びと経験を発信するブログ『ライフリフォーマー』

『君たちはどう生きるか』息子にも読んで欲しいと強く願う名著

『君たちはどう生きるか』という本がとても売れていて、名著であることは知っていました。

しかしどうも手に取り、読む気にはなれなかったのです。

その理由は、本屋で立ち読みをした時に、使っている言葉が古く、理解するのに時間がかかると感じてしまったからです。

そんなくだらない理由で敬遠していた本ですが、今回ブログ仲間と書いている『コラボ書評』の1冊として選ばれたため、重い腰を上げて読んでみました。

読み終わった今のぼくが、読む前の自分に伝えることができのならば、「もっと早くになぜ読まない!!」と叱ってやりたいほどに素晴らしく、教えもあり、考えさせてくれる名著でした。

『君たちはどう生きるか』 著者:吉野源三郎

行いは取り消すことができない

主人公の本田潤一君ことコペル君は、物語の中で大きな出来事と出会いました。

コペル君は勇気を出せず、友だちとしていた約束を守ることができませんでした。

その時にコペル君が思った言葉がこちら。

人間の行いというものが、一度してしまったら二度と取り消せないものだということを、つくづくと知って、ほんとうに恐ろしいことだと思いました。
p240より引用

ぼくはこの一文を読んだ時に、昔自分がした苦い経験を思い出しました。

「人間の行いというものは、1度してしまったら二度と取り消せない」

このことは痛く、辛い経験から、身にしみて覚えたことです。

つまりぼくは、コペル君と同じ経験をしているのです。

ぼくもこの辛い経験をした時に、「もう二度と同じ思いをしたくない!」そう強く思いました。

しかし後になって考えてみると、その時の経験があったからこそ、以前より後悔のない人生を送ることができていると感じています。

そのことについては、本書でコペル君のお母さんがお話してくれています。

あの石段の思い出がなかったら、お母さんは、自分の心の中のよいものやきれいなものを、今ほども生かしてくることができなかったでしょう。
p263より引用

お母さんも同じように苦い思い出があり、でもそのことがあったからこそ、今の自分でいれるのだとおっしゃっています。

ぼくは息子に、「自分と同じような苦い経験を味わって欲しくはない!」でもそういった苦い経験をするからこそ、人間として少し成長できるのだということも知って欲しい。

そんな苦い経験をしっかり乗り越えるために、この本は役立ってくれると確信しました。

大人が読んでも考えさせてくれる名著だと思いましたが、それ以上に子供に読んで欲しい本だと感じました。

まとめ

『コラボ書評』ということで、他の仲間が書いた記事のリンクを載せておきます。

他の人はどんな切り口で書評を書いたのだろうか?

是非読み比べてみて下さいね。

参考 第2弾【コラボ】君たちはどう生きるか【書評】 | 好奇心が止まらないッ!!好奇心が止まらないッ!! 参考 【書評コラボ】岩波書店版「君たちはどう生きるか」が名作となる理由〜令和へ繋ぐ〜 | スイッチを探そうよ【書評コラボ】岩波書店版「君たちはどう生きるか」が名作となる理由〜令和へ繋ぐ〜 | スイッチを探そうよ 参考 書評コラボ『君たちはどう生きるか』を読んでみた |四柱推命*自習ノート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。